最強のフェーク対策
【はじめに】
 本文では以後、メディアを想起させる「tvドメイン」を使用した独自ドメインのインターネット放送サイトを「tvd(tvドメイン)サイト」と呼びます。
地域協働型WEBサイト「tvd」構想
■情報洪水時代における地域協働の重要性
 近年、SNSの発展により、情報はかつてない速度で拡散されています。しかし、その一方で、フェイク情報や誤情報も増加しており、社会に混乱を招くケースも少なくありません。
 こうした情報洪水時代において、地域住民、自治体、企業、メディアが協働し、信頼できる情報発信とフェイク対策に取り組むことが重要になっています。
■地域協働型WEBサイト「tvd」
 「tvdサイト」は、地域における情報発信とフェイク対策を強化するために提案する、地域協働型のWEBサイトです。
(1)地域情報の横断的な発信
 tvdサイトは、地域のあらゆる分野の情報を組織的に横断的に発信するプラットフォームです。ニュース、イベント情報、行政情報、防災情報、教育情報、観光情報、企業情報など、地域住民にとって必要な情報全てを網羅します。
◆具体的には、以下の情報を提供します。
①ニュース
 地域の出来事、行政の取り組み、イベント情報など
②行政情報
 役所の窓口案内、各種手続き、政策情報など
③防災情報
 災害時の避難場所、避難経路、防災訓練情報など
④教育情報
 学校行事、学習支援、教育委員会のお知らせなど
⑤観光情報
 観光スポット、グルメ情報、宿泊施設情報など
⑥企業情報
 地域企業の紹介、求人情報、イベント情報など
 これらの情報を一元管理することで、住民は必要な情報に効率的にアクセスできます。
(2)音声配信による情報格差の解消
 tvdサイトは、書類の文章を音声化して配信する機能を備えます。これは、画面の小さいスマートフォンでもストレスを感じることなく情報にアクセスできるだけでなく、高齢者や視覚障碍者など、情報弱者の方々のデジタル化を促進します。
 また、紙の使用量を削減できるため、SDGsの推進にも貢献します。さらに、音声による情報提供は、プレゼンテーション資料の作成にも活用できます。
(3)SNSとの連携
 tvdサイトは、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSと連携することで、情報発信の拡散力と利便性を向上させます。
 SNSで話題になっている情報をtvdサイトで紹介したり、tvdサイトで配信している情報をSNSで共有したりすることで、より多くの人に情報を届けることができます。
(4)地域内情報の充実
 tvdサイトは、地域の歴史、文化、伝統、産業など、地域の魅力を伝えるコンテンツも充実させます。
 地域住民が誇りに思えるようなコンテンツを発信することで、地域愛を育み、地域活性化にも貢献します。
(5)災害時の対応
 tvdサイトは、災害発生時の緊急情報発信にも活用できます。
 避難場所や避難経路、避難所での生活情報などを迅速に提供することで、住民の安全確保に貢献します。
⑥ 地域企業の支援
 tvdサイトは、地域企業のCM動画配信や、地域企業ホームページ集の作成など、地域経済の活性化を支援する機能も提供します。
 地域企業のPR活動を支援することで、地域全体の活性化に貢献します。
■まとめ
 地域協働型WEBサイト「tvd」は、地域における情報発信とフェイク対策を強化し、地域住民の生活を豊かにするだけでなく、地域活性化にも貢献するプラットフォームです。
 地域住民、自治体、企業、メディアが協働してtvdサイトを運営することで、より良い地域社会の実現を目指します。
【追加提案】
①多言語対応
 外国人住民や観光客向けに、主要な言語に対応する。
②バリアフリー対応
 視覚障碍者や聴覚障碍者など、様々な障碍を持つ人々が利用できるよう、アクセシビリティを向上させる。
③アンケート機能
 住民の意見や要望を収集するためのアンケート機能を提供する。
④意見交換掲示板
 住民同士が意見交換できる掲示板を設置する。
⑤情報提供フォーム
 住民が地域の情報提供できるフォームを設置する。
 これらの機能を追加することで、tvdサイトはより多様な人々に利用される、より使い勝手の良いプラットフォームになります。
【参照】インターネット放送(事例)
・iwate.tv
・morioka.tv
・hanamaki.tv
・yahaba.tv
shiwa.tv など
【参照】地域協働の推進(20事例)
(総務省 平成21年1月末現在)